皆さんこんにちは~~

寺西下肢静脈瘤クリニックのスタッフです

今日から9月!!、少しづつ涼しく過ごしやすい季節になってきましたね

今日はよくある質問をQ&A形式にまとめてみましたので是非ご一読ください

 

★ 下 肢 静 脈 瘤     Q & A★ 

Q1:どのような治療法があるの?
A1:静脈瘤の原因となっている大伏在静脈や小伏在静脈を抜去する方法(従来はほとんどがこの方法でした)や、血管内から高周波やレーザー光線を照射して、血管を閉塞させる治療法があります。また、皮膚近くの細い静脈瘤に対しては、直接静脈瘤を切除したり、硬化剤という薬を血管に注入し、血管を閉塞させる硬化療法があります

 

Q2:高周波治療とは、どのような治療法?
A2:静脈瘤の原因となっている太ももやふくらはぎの静脈の中に細い管を通して、静脈の中から高周波を照射することによって、静脈を閉塞させる治療です。故意的に静脈を焼灼させて、血流をなくしてしまいます

 

Q3:高周波治療の良い点はなに?
A3:高周波治療(血管内焼灼術)は、出血や術後の痛みが軽度であり、患者様への侵襲が少なく、短時間の手術で大きな効果が得られる治療です。
手術後は、歩いて日帰りできます

 

Q4:閉塞した静脈はどうなるの?
A4:徐々に細くなっていき、4~6か月で体に吸収されます

 

Q5:静脈を閉塞させても問題ないの?
A5:問題ありません。体の深い部分にも静脈が存在しているので、血液はそちらを流れて心臓に戻ります

 

Q6:日常生活は問題なく過ごせるの?
A6:家事や家庭内のことは手術当日から可能です。事務系の仕事は翌日から再開できますが、激しい肉体労働や長時間の立ち仕事は、2~3日後から開始することをお勧めします